リフォームは生活の満足感を与えてくれ、転勤により売却した時は不動産価値を引き上げてくれた。

住宅リフォームは不動産価値を上げる

家を建てて十数年を過ぎるとリフォームが必要になってきます。我が家は二度ほど家を建てましたが、最初に建てた家は十数年を過ぎた段階で外壁と、家の中のリフォームをしました。最初に傷んだところは水回りでした。家賃を払っているのがもったいないという思いで建てた家ですので、見てくれ重心点の、建材や水回りにかける資金がないままに建てた家ですので、リフォームしなければならなくなってしまいました。キッチンと風呂、洗面所をすべて直すことになりました。キッチンと洗面所は、壁と設備をすべて取り換え、風呂はすべて壊してあたらしく作り直すということにしましたので、かなり大がかりなリフォームになりました。
子供が小さかったことから、汚れていたほかの部屋の壁もクロスに張り替えることにしたため、家の中の雰囲気がすべて変わり、とても快適になりました。建てたときに満足感の薄かったところを直すことができましたので、がらりと変わった家の中の居心地と生活の満足度の中で生活することができました。しかし、十年も過ぎないうちに転勤になり、その家を手放すことになったのですが、リフォームしてあったために、建築年数から言ったら査定額0の家が、リフォーム代には及ばないものの家の査定額も増えて、売却できたのはとても幸運でした。リフォームをして快適な生活ができた上に売却のときには不動産価値が上がっていたのですから、リフォームをしたことの価値は大きかったと思います。